小笠原父島 パパヤ ブログ blog

8月28日 父島周辺1日コース

2012-08-28 (Tue) 20:00
朝からあいにくの雨。
しかしツアーが始まる頃には雨は止んでくれました。

雲





















朝早く、本船Miss PAPAYAより先にマッコウクジラを探しに出港していた もう一隻のPAPAYA Jr(通称マンボウ)と合流。
通称マンボウに乗り換えて、南島へ。

8月19日以来 久しぶりの南島上陸となりました。
日本ではない様な風景だと、お客さまは感動されていました。

南島 8/28


























船に残ったお客さまは南島の東側でミナミハンドウイルカに遭遇!!
ドルフィンウォッチングを楽しんだそうです。

イルカ





















ミナミハンドウイルカ





















通称マンボウは父島の西側へマッコウクジラを探しに行ってましたが、そちらにはいませんでした。残念。。
午後からは別な方へ探しに行ってくれます。


滝之浦湾で ランチタイム&シュノーケルで休憩。
バラバラになった沈船のねむるポイント(通称 バラ沈)でシュノーケルを満喫。
シュノーケルが終わると、飛び込み大会!
子供も大人も「楽し~~い♪」と何度も何度もジャンプしてました。

滝之浦湾





















兄島瀬戸の海域公園 キャベツビーチでまたもシュノーケルタイム。
こちらは珊瑚とカラフルな魚たちのパラダイス☆
思いっきりシュノーケルを満喫♪
泳がないお客さまは箱メガネで海中を楽しみました。

通称マンボウからマッコウクジラが見付かったと連絡が入ります。
Miss PAPAYAで遊んでいる間に、マッコウを見付けてくれました。ありがとう☆
移動しようとすると、他のウォッチング船からも「イルカがいるよ」と情報をもらいます。

二見湾近くにウォッチング船が集まって泳いでいましたが、Miss PAPAYAは6隻目になります。
1つのイルカのグループに対して船は4隻までとローカルルールがあるので、少し離れて順番待ち。
ドルフィンスイムを終えて他の船が離れていって、ようやく私たちの番です。
ハシナガイルカでしたが、一度だけドルフィンスイムを楽しみました。

南島の北の方にもウォッチング船が1隻いたので、そちらに移動。  
ミナミハンドウイルカがいました!!
しかしこれからマッコウクジラを見に行くのでゆっくりと遊んでいる時間はありません。
1回だけ11頭のミナミハンドウイルカとドルフィンスイムを楽しみ いざマッコウ海域へ。

通称マンボウの船長は、私たちが着くまでの間にブリーチングを5回も見たそうです。いいなぁ~。
マンボウの近くに到着すると、いました!いました!マッコウクジラが3頭集まってブローを繰り返しています。

マッコウクジラ





















真剣に食い入るように写真を撮るお客さまたち。
皆さん真剣!





















そして1頭づつ静かに豪快に潜って行きます。
歓喜の拍手が起こりました。クジラさんたちありがとう。

フルークアップ





















合計で6頭は見れました。まだ他のブローも見えますが、ここから帰るとすでにツアーの終了時間を越えてしまっています。
名残惜しいですが、クジラたちともさよならをして、とびうお桟橋へ向けて全速力で帰港。


久しぶりの南島上陸・シュノーケル・飛び込みも、ハシナガイルカ・ミナミハンドウイルカ・マッコウクジラと完璧な1日でした♪♪

えみ

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


ページ最上部へ