小笠原父島 パパヤ ブログ blog

6月10日 ケータ島(聟島列島)1日コース

2012-06-10 (Sun) 20:00
午後から晴れる天気予報でしたが、朝は濃霧注意報が発令されているような濃い霧の中
ケータ島(聟島)に向けて出港。
微かに見える父島・兄島・弟島・孫島を越えて、北上。

360度霧で真っ白。今日は島影も見えず、ボスはキャビンの中でレーダーとGPSを見ながら操船してました。
島の近くに来てようやく島に打ち寄せる白波が見え、島であることが確認できました。
嫁島に到着。
嫁島のマグロ穴でのシュノーケルは波がバシャバシャしているので断念。
マグロ穴


写真の中央が
嫁島のマグロ穴ですが、分かりますか?
濃霧で真っ白です!









島の回りでイルカを探していると、早速ボスがイルカを発見!!
ドルフィンスイムスタート♪
3頭のミナミハンドウイルカは私たちの横をすぅーと泳いで行きました。

今度はハシナガイルカの30頭近い群れを発見!!
ドルフィンスイムをすると、イルカたちは寝ているようで私たちの下をゆっくりと泳いで行くのがばっちり見れました。

その後もまたミナミハンドウイルカ発見!!!
皆さん泳ぎ疲れるくらいドルフィンスイムを満喫☆

嫁島でたっぷりと遊んだので、お昼時間もまもなく。
媒島へ寄らずに、ケータ島 小花湾へ直行。
12時を過ぎてしまい、皆さんお腹ペコペコでようやくのランチタイム。

今日はとにかく霧が濃い為に頂上の大山での360度海に囲まれた壮大な景色は期待できませんが、
南浜からの上陸は問題ないと、船長の判断で上陸することに。

大山まで三分の一くらいの亀五郎さんのお墓まで来ましたが、山頂は見えないほどの真っ白な霧に包まれています。
ここで山頂へ行くか多数決を取りましたが、意欲のあるお客さまが多く大山を目指すことに。

真っ白ケータ島
















今日は幻想的な霧に包まれた大山。 写真で見るとただの真っ白ですが・・・
大山 6.10



















髪の毛の先は流れる霧によって水滴が付くほどで、Tシャツもしっとり。
女性のお客さまと私は風上に顔を向けて天然のパック。日焼けした肌をミスト状の霧で潤し 気持ち良かったです。

針の岩??













  大山のオガサワラアザミ
オガサワラアザミいつもは手に持ったポストカードの針の岩と
後ろに見える針の岩の景色を重ね合わせる事が
できるのですが、今日はとにかく360度 真っ白でした!



下山して、Miss PAPAYAに戻りました。
船からクロアシアホウドリの雛が飛び立つのが見えました!

帰りは向かい風と濃霧の為に、行きよりも時間がかかるとのことで
嫁島には寄らずに帰港。

濃霧の為に帰りもキャビンの操縦席でGPSを見ながらの操船。
孫島も無事に見えてきました。
父島列島に着くと天気予報は大きく外れて、雨が降り始めました。

去年は梅雨に殆ど雨が降らず、水不足に悩まされた小笠原では
恵みの雨です。
濃霧でスピードが出せずにツアー終了時間より遅くなりましたが、
無事にとびうお桟橋へ帰港。

イルカと幻想的なケータ島に癒された一日でした。

えみ

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


ページ最上部へ