小笠原父島 パパヤ ブログ blog

6月4日 ケータ島(聟島列島)1日コース

2012-06-04 (Mon) 20:00
沖縄地方に近づく台風3号の影響は少なく、ケータ島(聟島)に向けて出港。

嫁島に到着。
イルカを探していると、もう一隻の小船 通称マンボウから 「イルカがいる」と連絡が入り、
通称マンボウの方へ行くと、50頭とも思われるハシナガイルカの群れです!!

早速 ドルフィンスイムスタート。
すぅーと水中を泳いで行き、お客さまは大興奮でした!!

ハシナガイルカ














イルカたちはまだ眠っているようでしたが、船からも楽しくウォッチング出来ました。

しばらくすると、またも通称マンボウが 今度はミナミハンドウイルカを発見!!!
ドルフィンスイムを始めると、中にはフレンドリーなイルカもいたので、ゆっくりと泳ぐことが出来ました。
お客さまも大満足の様子。

たっぷりとイルカと遊んだ後は、媒島のマグロ穴でシュノーケル。
30頭近いイソマグロがいましたよ。

正面の島は 目指す ケータ島と針の岩。
ケータ島

















ケータ島 小花湾に到着して、ランチ休憩。

午後からは通称マンボウに乗り換えて、ケータ島の南浜より上陸。

曇り空の下のトレッキングで、途中 霧雨が降り、頂上の大山では360度海に囲まれたの壮大な景色は見れず
霧がかかった真っ白な景色となってしまいました・・・ ミスト状の雨がお肌を潤します。。

真っ白な大山で記念撮影。
大山 6-4

















大山のオガサワラアザミ
オガサワラアザミオガサワラアザミ















下山途中で雨も止みました。


緑の濃くなってきた季節。
緑のケータ島















雨で足元が滑りやすかったので、慎重に下山。Miss PAPAYAに戻りました。

ケータ島でのアホウドリ繁殖の為のプロジェクトチームは今年最後の雛が5月24日に飛び立ったそうで、
キャンプサイトは撤去されていました。
飛び立った雛が無事にケータ島に戻って来ることを願います。


上陸しないで船に残ったお客さまはミナミハンドウイルカと一緒に泳いだそうです。

コアホウドリもクロアシアホウドリもばっちり見れました♪

帰路は風と潮の流れの影響で行きよりも時間がかかるとのことで、ノンストップで父島へ。


霧の下のケータ島でしたが、これに懲りずに晴天のケータ島もまた お楽しみください。

えみ

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


ページ最上部へ