小笠原父島 パパヤ ブログ blog

3月18日 2012年謝恩ツアー 第一弾

2012-03-18 (Sun) 20:00
トロピカル イン パパヤのオーナーでありますボスの父島来島40年を記念しまして、おがさわら丸出港中に
通常の1日ツアーよりも短めの時間ですが、お手頃価格のツアーを今年も開催していきたいと思います。

本日はその謝恩ツアーの第一弾。

まずはイルカを探しに南島周辺のイルカの休憩ポイントへ向かいます。島の南側はかなりのうねりがありましたが、
船首にいるお客さまは飛沫のかかるジェットコースターのように楽しそうでした。
西側へ来るとうねりは落ち着き、引き続きイルカ・クジラを探しながら、北上していくと、

イルカを発見!!! 早速 ドルフィンスイム スタート♪
ミナミハンドウイルカたちでした。
ハンドウ




















少し泳いだのですが、見失ってしまったので更に父島の西側を北上すると、他の観光船の前方で
大きな飛沫が上がっているので、MissPAPAYAも一緒にウォッチング。




子クジラがブリーチングを見せ、何度も何度もヘッドスラップをしています♪
ザトウ


皆さん カメラを構え子クジラに見入っていました。













瓢箪島の海域公園で、ランチ休憩とシュノーケル。

午後は更に北上していくと、船長から「何かキラッと光った」とアナウンスがありました。
よーく そちらの方向を見ていると、ハシナガイルカがいました。
しかも、100頭近い群れです!!!!
ジャンプやスピンジャンプをやったり元気に遊んで、
船に並走するように付いてきます。
ハシナガ ジャンプ



















かなり早い動きのイルカたちですので、遊んでくれないことを前提ですがドルフィンスイムを始めることに。
水中ハッシー


イルカたちのいる海へ入ると、もの凄い
スピードでイルカたちは泳いで行きましたが、一緒に泳いだお客さまたちは華麗なハシナガイルカに大興奮の様子です。










その後、親子クジラとエスコートのザトウクジラをウォッチング。

別の場所でも激しいブローが上がっているのでそちらへ移動すると、
オスが6頭はいると見える大きな繁殖集団でした。
オス同士の激しい争いが見られます!!
オス集団















争いも収まりつつあるので、船を走らせると、
今度は船長がマンタを発見!!!!!
急いでマンタとスイムを開始。
直ぐには潜らずに マンタはゆっくりと泳いでいました。
マンタ




















港に戻る為に南下していると、子クジラがMissPAPAYAに接近!!!!
急いでエンジン停止。
子クジラ 後ステップ



船の後ろ側に近づいてきました。
お母さんクジラも船から近い位置での
ブリーチング!!!


今日一番の盛り上がり。



















イルカにマンタにクジラにと完璧すぎる
謝恩ツアーでした。


えみ

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


ページ最上部へ